レーシックという視力回復実現情報

レーシックという視力回復実現情報

 

当サイト《レーシックという視力回復実現情報》のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。話題のレーシックを受けることで、失明をしてしまうのではないか?と考えてしまっている人も多いのではないでしょうか?
今現在、日本国内ではレーシックによって失明をしてしまったという事例は報告されていないのでご安心ください。

 

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。

 

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。

 
メルマガ 比較ナビ
http://mailhaishin-hikaku.com/point/




レーシックという視力回復実現情報ブログ:14-9-01
お母さんが亡くなってから
パパとミーは二人暮し。

パパとお母さんと兄とミーの四人家族のうち、
パパとミーの仲はすこぶる悪い。

兄が結婚を機に家を出て、お母さんが急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
お母さんや兄が緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
兄がぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

ミーの半分はパパ。
大好きな兄の半分もパパ。
パパを嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
パパをののしることは、大好きな兄の半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

兄にそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

パパに優しく言葉をかけたら、
ミーの半分も優しくされたようで気持良い。
ミーの半分が喜んでいる。

パパを大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

父母と子供、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうしてパパとの暮らしを丁寧に重ねていきたい。

レーシックという視力回復実現情報 モバイルはこちら